不動産のことを良く知って自分に合った住宅を選ぶ

商品と交換

日本には、さまざまな国策制度が存在しています。その中には、地球環境に優しい商品や生活に役立つ商品と交換できるポイントもあり、その一つに「住宅エコポイント」があげられます。

Read More

マンションを活用

マンションは短期で借りられることが出来るのです。観光や出張などで長期滞在すると予想される場合に利用ができるため、安心して利用することが出来るでしょう。また、各家電付きなのですぐに生活が始められます。

Read More

変化している業界

不動産の業界は、時代と共に変化しています。不動産を探すとなれば、ライフスタイルが大きく変化するきっかけになりますのでいい物件を見つけたいのなら不動産会社選びがとても重要になります。

Read More

維持費を抑える

一戸建ての物件には様々な設備が導入されているため直ぐに生活を楽しめることが出来ます、また、コストを抑えているので安い価格であるというメリットも注目されています。

Read More

復興支援もできる

住宅を手放したい方は千葉で不動産の売却をしましょう。オンラインで査定してくれるので自宅から住宅の値段が知れます。

少しでも高い値段で売りたいならこちらをクリック!福岡にあるマンション売却でおすすめの業者を紹介していますよ!

復興支援住宅エコポイントとは

住宅エコポイントとは温暖化対策推進事業、東日本大震災の復興支援事業、住宅販売促進を目的に条件を満たした新築住宅の建築やリフォーム工事を行った場合に工事内容に応じてポイントを付与する制度です。もらったポイントは工事代金の一部に充てたり復興支援商品などと交換することができるのです。 正式には復興支援住宅エコポイントと呼ばれていました。以前同じようなポイント制度で住宅エコポイントがあったのですが仕組みとしては同じようなものです。 この二つの異なる点は東北の被災地以外で住宅を建築した場合にもらえるポイントが復興支援住宅エコポイントでは半分になりました。更に当初の住宅エコポイントは全額住宅の建築費、リフォーム費に充てることができましたが復興支援住宅エコポイントではもらえるポイントのうち工事代金に充てることができるのは最大半分までなのです。残りの半分のポイントは復興支援商品などに交換する必要があるのです。

エコポイントをもらうまでの流れ

このポイントをもらおうと思った場合にどんな住宅でも住宅を建てればもらえるわけではありません。細かく条件が提示してありこうした条件をクリアしている必要があるのです。更に建築会社がこうした条件をクリアしているという書類を提出する必要があるのです。そういった建築会社で建築して初めてポイントを申請する権利を得ることができるのです。 ポイントをもらうためには住宅を建てた後に建築会社の押印もしくは情報が記入された書類を提出しポイント申請をする必要があるのです。工事開始日、住宅竣工日、申請予約期間などそれぞれ期間が設けられていてすべての条件をクリアして初めて申し込むことができるのです。 申請をしてからポイントの承認までは数か月かかる場合もあります。審査に合格したら承認通知が届きはがきやインターネットを利用してポイントを商品や被災地の商品券、寄付などが選択できます。一度にすべてのポイント申請をしなくてもポイント交換の期限内に付与ポイントの範囲内であれば何度も商品に交換することが可能です。

少しでも高い金額でマンションを売却したいのであれば、こちらの業者に相談しましょう。高額査定で人気の業者です!

空き家の管理を怠ってしまうと空き巣や火災に巻き込まれてしまう可能性があります。業者をしっかりと選んで依頼しましょう。

会員向けに特別な物件を紹介してくれます。名東区で不動産に相談するならここへ。住みやすい家を見つけられます。